[本文へジャンプ。]

一般社団法人岐阜県病院協会

[ここから本文です。]
医療の安全と向上を目指して

トピックス

新会長就任のお知らせ

6月24日に開催した「令和4年度定時総会」をもって、冨田栄一が会長を退任し、新たに、松波英寿が会長(代表理事)に就任しました。

第37回岐阜県病院協会医学会の開催

テーマ
「東海国立大学機構とは何か」
「身近になったDX(デジタルトランスフォーメーション)」
「COVID 19 流行下における医療提供体制の維持」
学会長
近藤泰三(岐阜県立多治見病院 病院長)
会 期
令和4年10月23日(日)
会 場
セラミックパーク MINO (岐阜県多治見市東町4丁目25)

令和4年度岐阜県臨床研修病院合同説明会

日 時
2022年(令和4年)10月10日(月・祝)13:00~16:30
会 場
JR岐阜駅前 じゅうろくプラザ5F 

民間医局レジナビフェア2022 大阪 ~臨床研修プログラム~

開催日
7月3日(日) 終了しました。
・参加病院
松波総合病院、大垣市民病院、中津川市民病院
詳しくは下記をご確認ください。

民間医局レジナビフェア2022 大阪 ~臨床研修プログラム~

レジナビFairオンライン2022 岐阜県オンライン

開催日
6月25日(土)・6月26日(日) 終了しました。
第1部 6月25日(土)
・参加病院
久美愛厚生病院、土岐市立総合病院、岐阜大学病院、朝日大学病院、岐阜赤十字病院、岐阜市民病院
第2部 6月26日(日)
・参加病院
岐阜県総合医療センター、高山赤十字病院、中濃厚生病院、東海中央病院、揖斐厚生病院、中部国際医療センター、岐阜県立多治見病院、松波総合病院、羽島市民病院、長良医療センター
詳しくは下記をご確認ください。

レジナビFairオンライン岐阜県 2022
第1部 ~臨床研修プログラム~
第2部 ~臨床研修プログラム~

医療事故等防止対策に関する研修会開催のご案内

当協会は、令和4年度における岐阜県委託事業に係る「岐阜県医療事故等防止対策に関する研修会」を下記のとおり開催いたします。
つきましては、この研修会に、ご多忙のところ誠に恐縮に存じますが、貴院関係者多数のご出席を賜りたくご案内を申し上げます。

日 時
令和4年6月24日(金) 午後3時~午後4時 終了しました。
会 場
ホテルグランヴェール岐山 2階 カルチャーホール

会長挨拶

会長:冨田栄一
会長 松波英寿
 本協会は、昭和26年に設立され、平成4年に公益性を認められ社団法人岐阜県病院協会となり、平成24年には一般社団法人岐阜県病院協会に移行しました。
 本協会は、基本方針として「県内に在住する全ての病院等が一致協力して県民の医療の質の向上並びに経営体質の健全化を図る諸般の課題を調査研究し、病院の組織・医療機能の向上及び発展により経営の万全化を図り、もって県民の保健・医療・福祉に寄与することを目的とする」を掲げております。
 我が国の病院医療は社会保障費削減の中、医療安全を始めとする医療の質向上の為に避けられない人件費等のコスト増また、医療機器・材料費の増加及び消費増税等によって慢性的な経営難に苦慮しております。
 また、平成26年6月には「医療介護総合推進法」が国会にて議決され、今後、各都道府県単位で「地域医療ビジョン」を策定し、各病院は医療機能を県に報告することが義務化されました。さらに在宅医療に重点がおかれ、介護との連携も必要となってきております。昨今のコロナ対応を見ても明らかなごとく、一つの病院で大きな問題に対処することは不可能です。今後、各病院が協力してより密に情報交換をしていく必要があると思われます。また、医師会や薬剤師会等、全ての医療関係団体とも共同していくことが求められます。従いまして、本協会の果たす役割も、さらに重要度を増してくると考えております。
 当協会は別掲のように各種事業を行っており、会員病院のみならず医療機能等に関する資質向上に努め、県民の皆様に対し安全・安心の医療を提供できるよう努力してまいります。

ページの先頭へ

一般社団法人 岐阜県病院協会
〒500-8384
岐阜市藪田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎本館
電話:058-215-0241  /  FAX:058-215-0242
E-mail:お問い合わせ

ページの先頭へ